スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
年金が失われていくカラクリ
 「為替王」さまのブログに、私達の年金原資が、昨年だけで5兆8千億円(3.87%)も失われたと聞いてビックリ\(~o~)/

 私達の公的年金(厚生年金と国民年金)の積立金合計は約150兆円。
 この積立金の運用責任を持つ年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)によると、昨年(2007年)一年間の運用成績は、5兆8千億円(全体の3.87%)のマイナスだそうです。
 事務費(とは言えないものまで)使い放題、持ち逃げは追求せず、無駄な建物を作り叩き売って損害を出し、運用資金は大損をだしても責任はとらず、こんな組織は即ぶっ潰して欲しい。
 看板付け替えでなく、人員の総入れ替えを希望します。

 運用損失の大部分(9割=5兆3千億円)が、日本株下落によるものとのこと。

 実際の日本株投資は、アクティブ運用委託先が13社。
 08/3末の資産残高合計は約3.1兆円。
 この資産が、5.3兆円減った結果とすると、もともとの運用資産は8.4兆円。
 半減以下にされたわけです。

 13社への運用委託費用・手数料合計が340億円。
 「泥棒に追い銭」とは、まさにこのことでしょう。

 その運用成績が、TOPIX基準で評価されています。
   ○ベスト1位は、フィデリティ投信 +7.62%
   ○ベスト2位 モルガンスタンレー・アセットマネジメント +4.08%
   ○ベスト3位 東京海上アセットマネジメント投信 +1.84%

   ●ワースト1位 シュローダー証券投信投資顧問 ▲2.96%
   ●ワースト2位 JPモルガン・アセット・マネジメント  ▲2.02%
   ●ワースト3位 DIAMアセットマネジメント ▲0.8%

 ご注意頂きたいのは、プラスの成績といっても、あくまでもTOPIXよりも下げ幅が小さかったというだけで、全部マイナスのまやかし?あり。
 こういう「まやかし」とは無縁の世界、絶対値での資産の増加を評価する海外ヘッジファンドは、買ってよかったと改めて思います。


 また、山崎養世氏は、「公的年金は年金受給者である国民の利益を最優先するという、当たり前の原則(受託者責任)が確立されていない」問題点を、指摘されています。
 こんな「あたりまえのこと」も行われていなかったとは、怒りの感情しか持ちえません。

 欧米の年金運用では常識であり、違反すると刑事罰だそうです。
 日本には、悪いことをしない前提だから、罰則が無いようです。
 国民をバカにするのもいいかげんにしてくれ\(~o~)/



 上記GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)に、「最適ポートフォリオの概念が無い」ことも、基本的な問題です。
 運用利回り3.2%をうたいながら、資産の三分の二の100兆円を1.5%程度の日本国債に投下し続け、毎年1.7兆円近い損失を生み続けていることは、国民に対する裏切り行為ではないでしょうか?

 GPIFが基本ポートフォリオを含む中期計画を策定する際、厚生労働大臣の認可を受けることとなっており、その時に厚生労働大臣は財務大臣と協議して認可する仕組みになっているそうです。

 まさに、「越後屋、お主も悪よのう!」の密室談義。
 「腐ったりんご」は、早く棄てる以外策はない。


 政権交代をする以外、改善の道は残されていないのか?
 もっと悲観的な見方をすれば、政権交代したところで、腐ったりんご(官僚機構)は棄てられないため、実質的な進歩は無いかもしれませんが・・・(~_~;)

 →時事問題を嘆く?男の井戸端会議

テーマ:投資信託 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/07/16 12:18 】 | FXの基礎知識 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<さわさわ戦略には特別ボーナス | ホーム | さわさわ戦略・豪ドルシミュレーション>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://aaw66340.blog78.fc2.com/tb.php/64-cf830747
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。