スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
スリッページに疑問あり
 利益確定のためのストップロスが実行された場合、私の取引している
会社の内、一社のスリッページが大きすぎる。
 確証があるわけでは有りませんが、以下の理由から疑いを
もっております。
 会社名は伏せますが、本日18日6:40 AUDストップロス指値99.82
成立値が99.79 差3PIPS。

 急激な値動きがあった時のスリッページは納得できますが、
今回のようにゆっくり動いている場合は、あり得ない。
ちなみに、それから2時間経った今でも、最安値が99.79である。

 P社には、1分足は見られないようですが、O社の1分足のグラフ
をみると、ゆっくり下がっているのがわかる。
 少なくとも、99.82 99.81 99.80 の値をつけた形跡はある。
 O社とP社は、インターバンクが異なる?ことはあるでしょうが、
P社のインターバンクのみ急落するのはおかしい。

 ちなみに、5月11日AUD ストップ指値100.00 に対し、
確定値が99.97 やはり、3PIPS のスリッページ発生。
 同じ日、S社にも100.05 でストップロスを指値。
 結果、スリッページ=ゼロでした。

 
 スリッページの大小を、波乗りの判断に影響させるのは、
本末転倒とわかった上で、私の独断的結論は、

  ◆P社は、営業政策上500円の手数料を200円に下げたが、
    経営上、この値下げ分をスリッページでカバーしている。
  ◆P社にストップロスを出すときは、最初から3PIPSの
    スリッページを見込むこと。
  ◆スリッページを避ける場合、リミットで手仕舞いする。




 私のFXページです→FX(外国為替証拠金取引)Map
【2007/05/18 08:34 】 | FXの基礎知識 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<大きなグラフの効果 | ホーム | トレーリングストップが武器になりそう?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://aaw66340.blog78.fc2.com/tb.php/49-0ae61f51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。