スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
使ってみましたヘッジ取引
FXオンラインジャパンと太平洋物産のヘッジ注文を出してみました。
 FXオンラインジャパン社は、仕組みの中に最初からヘッジ取引ができるようになっています。
 太平洋物産は、全く別の口座として(第二口座)、ヘッジ注文ができます。同一口座内の通常注文だと、取引がクローズされてしまいます。
第二口座は、別口座ですから、入金か第一口座からの資金移動が必要です。
 この指示は、電話で数時間で完了しました。

 さて、二社を比較すると、使い方に差が出てまいります。
 FXオンラインの方は、最初から仕組みがあるだけに、使い勝手の面で一歩先を行きます。
資金源が同一ですから、ヘッジすれば放っておいて大丈夫です。
片方の損失額は、ヘッジ玉の利益となるわけです。

 対して、第二口座の太平洋物産では、ヘッジ玉の利益は、第一口座とは切り離されておりますので、余裕がない場合は、第二口座から資金移動しマージンコールを避けなければなりません。
 システムも別に起動する必要があり、慣れるまでやっかいですね。

 逆に、第二口座のメリットとしては、指示ミスが少ないと思われます。
 FXオンラインでは、注文の度に「ヘッジマーク」にチェックを入れるか否か神経を使います。
ちょっと油断すると、ヘッジのつもりが思わぬ建て玉をクローズすることになります。

 
 また、指値幅の大小で、使い勝手に優劣があります。

 FXオンラインでは、システム上5銭以内の指値はできません。
対する太平洋物産では1銭差で指値できます。
 僅かの差ですが、個人的には太平洋物産優位と認めます。 

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/01/19 20:25 】 | FXの基礎知識 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<日本国破産宣告 | ホーム | 使ってみました!FXオンライン・デモシステム>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://aaw66340.blog78.fc2.com/tb.php/17-801ee432
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。