スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
「両建て」不利とは言い切れないかも?
 手数料無料業者で考えた場合、「両建ての不利さ」はほとんど解消される感じです。
具体的に、取引口座のある太平洋物産で試算してみますと・・・ 
 太平洋物産は、取引手数料が無料です。
1万USDの場合、本日の買いスワップが160円/日、売りスワップが162円/日ですから、両建てのコストは差し引き2円/日。
 1年間でも730円にしかなりません。売り買い2万USD(約236万円)で割ると0.03%。1万USDの計算でも0.06%。
 株式空売りの場合の貸し株料と比べ、無視できるくらい小さいですね。

 「両建て」できない業者は多いと聞きますが、太平洋物産さんでは、第二口座を使えば、可能です。
 「両建て」≒「ツナギ?」には、片玉を張るのと違う手法がとれますので、具現化が楽しみです。


 今なら、入門者からベテランまで、FXの基本、考え方、指標とその利用法等、9800の資料が無料で入手できます。
 こちらからどうぞ→真のFXパーフェクトマニュアル



■スワップ比較(USD1万・1日当り、売り-買い)業者比較
  ★太平洋物産       162-160
  ★セントラル短資     159-158
  ★FXプライム       160-157

■'06.12.13値洗い
 資金180万円  買い持ち8万USD 平均118.057円/$
 現金残高1901497  口座清算価値1857797 +57797  
【2006/12/15 12:40 】 | 売買成果 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<9800円(100P超)のFX教科書無料入手法 | ホーム | 「両建て」も研究の余地あり?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://aaw66340.blog78.fc2.com/tb.php/11-2b61fa91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。