スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
退屈なさわさわ戦略
 一定の値幅で、階段状に仕掛けと手仕舞いをもつ「さわさわ戦略」。
 私の仕掛けは、AUD/JPYと、NZD/JPYの1円50銭キザミ仕掛け、1円50銭キザミ手仕舞い。

 8月の二週目に頭を打ってから、一ヶ月を超えるレンジ相場に突入です。
 私のキザミ値幅では、数日に一回ヒットするのみ。
 
 退屈です(~_~;)


 でも、でも、でも・・・

 ここで、レンジ相場を見込んで「キザミを小さくしたり、一回のポジション数を大きく仕掛けることは、最も危険な行為」と自制してます。

 私の「さわさわ戦略(リピートイフダン・トラップトレード)」は、損切りをしない方針です。
 損切りしないということは、数十年のボトムに耐える必要があります。
 数十年のボトム近くでも、戦闘能力をなくさない(変動を利益に結びつけられる)ように、「キザミは大きく、最少単位で、広い範囲に分散」を厳守です。

 今回の持ち合い(レンジ)相場が長ければ長いほど、脱出したあとの動きは大きくなるでしょうから、それをのんびり待ちましょう(*^_^*)
スポンサーサイト

テーマ:FX1年生 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2009/09/22 09:07 】 | FXの基礎知識 | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。